迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。

リスタートは難しい

※初投稿日:2020-10-03

f:id:I_am_an_easy_going:20201003120024j:plain

本心を表せばこんな感じですが、このまま外に出すわけにはいかないと思うのです。

妹夫婦が、買い物にでかけないかと、母を誘いに来ました。

 

いつもなら、私にLINEで連絡があります。

同行するつもりはありませんが、いつもなら「一緒に行きましょうよ」と声がかかる。

 

それが・・・何だかコソコソしていて、母に尋ねると「ああ、今日ねえ、買い物に出かけてくるわ」との返事。

 

妹が来るなり慌てて玄関先へ飛び出す母と、家に上がろうとしない旦那さんと、玄関先の上がり框(かまち)に腰かける妹。

 

「いつもありがとね」顔をのぞかせた私を見るなり

「お姉ちゃん、大丈夫!? また辞めたんだって!? いろいろあるとは思うけど、少し我慢すれば慣れたんじゃないの?」

妹がまくしたてる。

 

妹には、辞めるかもしれない、とは伝えていましたが、辞めたことは言っていません。

 

どうやら母が話したらしい。

 

最近の母の態度には、ずいぶんと棘があります。

朝いちばん、顔を合わせて「おはよう」と言うときから。 

「なんで。なんで。なんで・・・!」と責める声がオーラとなって家じゅうに反響しているようです。

 

世間体が悪い。

 

何かにつけて、この言葉を使う。

 

どう話したら、妹の態度もこんなに変わってしまうのか・・・考えない方がいい。

考えると生活できそうにありません。

 

母の足腰は弱り、耳も遠くなり、一人暮らしの限界がそろそろ見えているというのに、この現状には誰も目を向けません。

ただ、年老いた母が、嫁にも行かず働きもしない娘の面倒を見ている、そんな状況になっているようです。

 

厳しいな。 

腹は立たないけれど、情けない。

 

妹には

「辞めたんじゃない、辞めさせられたの。今月から受託した教育訓練の設備が、生徒40人受け入れるのに、トイレが1つしかなかったのよ。それで、社長が、インターンシップの学生を隣のビルに偵察に行かせて、トイレの個数と不審者扱いされなかったかどうか報告させたの。それで、その数を、自社設備として申請して、設備管理者を私にしたので、隣のビルに承諾を得るべきだと言ったのよ。

 

そうしたら、社長が激高して『5万円の仕事をとるのに必死になっているのが、1回喋って100万取ってたお前に分かるか!もういい、今日で辞めろ!』って。

 

但し、辞める時は必ず退職届を出せ!って何度も言われたの。

 

『もしこのことを謝って、一生うちで働かせてくれ、と言ったら許してやる』って言うから、それはできません、って言ったら全社員に向けてメールが出されたの。 

『怒りが治まらない。ビジネスマインドのない人間とは関わらない方がいい』って。

 

あんまり怖かったので、話し合いの余地はないって思ってね。

 

しかも、出禁の役所や商工会議所がいっぱいあって、トラブルいっぱい抱えてたのよ」

かいつまんで話してはみたものの、分かってはもらえないだろうな、と思います。

 

新しく応募した企業は、書類選考に10日、面接選考に10日かかります。

まだ、返事はきていませんが、リスタートの難しさがひしひしと身に染みているのです。

 

何だかもう、不安と孤独の境目も、自尊心のかけらも見えなくなってしまいそうです。

 

・・・それでも、わたしは生きている。すごいですね。

 

レバレジーズテック