迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。

【おすすめ】カボスコーヒー

f:id:I_am_an_easy_going:20201124214302p:plain

妹の庭で収穫した無農薬のカボスです。

もう2か月近く前になってしまいましたが、妹の庭で採れた完熟カボスをもらいました。

お店に並ぶカボスは真っ青で固い早摘みの実が主流ですが、カボスの木は大きな棘があって、それが痛いのでつい時期を逃してしまうらしい。

妹がくれるカボスはいつも黄色です。

f:id:I_am_an_easy_going:20201124214526p:plain

半分に切るとレモンとみかんの間みたいです。

大量に持ってきてくれるカボスはご近所におすそ分けもしますが、どうしても緑のカボスのイメージが強いので、何となく時機を逃した感じの黄色のカボスは「どうぞ、どうぞ」とは配りづらい。

 

酸味が飛んでしまうわけではないのに勿体ないことです。

 

そこで、日常で気軽に使う方法を考えました。

 

まずは、朝一番に口にする白湯に浮かべて飲んでみます。

 

f:id:I_am_an_easy_going:20201124214751p:plain

お湯を注いでカボス湯。朝の目覚めに、ネスカフェの景品のマグで。

柑橘系独特の爽やかな風味にカボスならではの香りとほのかな酸味が、レモンや柚子などとはまた違った味わいです。

 

1つが直径2~3㎝の小ぶりの実なので2つに切って半分を使ってしまいます。

 

朝起きるのが楽しみなくらいクセになりました。

 

すっかりカボス湯にはまってしまったので、ふと思いついたのが、コーヒーにカボスです。

 

主張しないのに存在感のあるカボスの風味がコーヒーの苦みに加わるとどんな感じになるのか試してみたくなったのです。

 

以前、レモンコーヒーなるものを耳にしたことがあったので、「カボスコーヒーもありなんじゃないかしら」と思ったわけです。

 

関連記事>>ドトールでコーヒーレモネードソーダを飲んだ! - 迷子の日記。行ったり来たり。

 

f:id:I_am_an_easy_going:20201124215301p:plain

カボス湯を飲んだ後は、そのままコーヒーを淹れます。今朝は簡単にインスタントで。

最初は恐る恐る…だったので、カボス湯を飲んだ後、そのままカップにインスタントコーヒーを足してお湯を注ぎました。

f:id:I_am_an_easy_going:20201124215540p:plain

あまり美味しそうに撮影できていない(-"-)のですが、本当は美味しいカボスコーヒー。

なんと表現したらいいのか…とにかく美味しい。

 

今回使ったのはネスカフェ ゴールドブレンド コク深め

これは、苦みがしっかりしていて酸味の少ない私の好きなタイプのコーヒーです。

 

このどっしりとした深みのあるコーヒーにカボスの酸味と香りが邪魔にならないなんて、ちょっとしたミラクルです。

 

誰かと共有したいカボスコーヒーなのです( ^^) _U~~

 

 

過去記事>>