迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。

【おすすめ】PayPayをはじめました!

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/1640315">studiographic</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

遅ればせながら、ついに私もPayPayデビューを果たしました\(^o^)/

 

そもそもPayPayは何かと言うと、決済サービスの一つです。以下はWikipediaから引用しています。

PayPay株式会社(ペイペイ、英語PayPay Corporation、旧社名:Pay株式会社)は、電子決済サービスを展開する日本IT企業。ソフトバンク株式会社ヤフー株式会社の合弁により、2018年6月15日に設立された。

中国電子商取引企業アリババが多額出資するインド最大の決済サービス事業者であるペイティーエムと連携し、2018年10月にQR・バーコード決済サービスを開始した。2020年1月17日時点で、2300万人のユーザーと、185万箇所の加盟店をもつ

PayPay - Wikipedia

 

私は、iPhone8を使っています。アップルストアからアプリをダウンロードしました。

 

iPhoneの方も、androidの方も、PayPay公式サイトからだと、簡単にアプリがダウンロードできます。↓

paypay.ne.jp

 

PayPayを使用するには、クレジットカードか口座か、いずれかとの連携が必要です。

 

私が、PayPayの使用を躊躇していたのは、この個人口座などとの連携に不安を感じたからです。

 

例えば、楽天Edyは、現金のチャージ式です。近所のスーパーのキャッシュレス決済も、専用カードに現金をチャージして使います。

 

個人のクレジットカードや口座情報を登録しなければならないと知った瞬間、テレビで関係者が「この度は、多大なご迷惑をおかけして・・・」と謝罪しているシーンが浮かんでしまい二の足を踏んでいたのです。

 

私はつい数か月前に自分の不注意から、詐欺サイトにクレジットカード情報を登録してしまい、かなり嫌な思いをしました。

 

実被害はありませんでしたが、カード会社に連絡し、カードを止め、新しいカードを再発行してもらわなければなりません。

 

公共料金の引き落としなど、基本的な情報は引き継がれますが、手続きの期間中に引き落としがあると、現金決済をしなければなりません。

 

精神的にもかなり煩わしい思いをします。

 

【関連記事】 

i-am-an-easy-going.hatenablog.com

i-am-an-easy-going.hatenablog.com

 

 

PayPayは、口座情報を登録すれば、ネット上で瞬時に登録口座から現金チャージがされます。

 

便利な分、もし間違いが起こったら、と考えるとデメリットしか浮かばないのです。

 

が、同僚が先日PayPayを初めて使って、その手軽さと高いポイント還元率に驚いていました。とにかく、導入率が高い。どこでも使えるのだそうです。

 

確かに、そのつもりで見ると、行く先々のお店でPayPay支払いは可能になっています。

 

そういえば、去年の早い段階で、ずっと通っている美容院ではPayPay決済が導入されています。

 

YahooIDとの連携、TPointカードとの連携もでき、アプリを見る限り、使い勝手もよさそうです。

 

思い切ってPayPayアプリをダウンロードし、口座情報を登録することにしました。

 

確かに、とても簡単です。

 

恐る恐るチャージしてみます。

 

金額を指定するだけです。あまりにあっけなくて「あっ」とつい声が出るほどです。

 

TPointカード情報・・・ここで初めて躓きました。「すでに登録されています」

 

カード番号を入力した途端、新しいウィンドウが開き、改めてTPointカード番号を入力する画面が出てきて、このタイミングでおかしくなったらしい。

 

ただし、この情報解除は、電話で1分くらいでできました。自動音声対応です。

 

再度、1から登録しなおして完成です。

 

初めての使用は、ドラッグストアで。アプリのバーコードで簡単に決済できました。ボックスティシューや洗剤を買ったので2000円くらい使いましたが、来月140円ぶんくらいのポイントが還元されるようです。

 

今日は、以前よく通っていたスーパーでカレーの材料を買いました。ここでは、スーパー専用のQRコードを使います。使い方は少し独特です。 

  1. PayPayアプリを起動する。
  2. PayPayアプリ画面で、スーパーのQRコードを読み込む。
  3. 店員さんがいう金額を入力する。
  4. 入力した金額(画面)を店員さんに見せる。
  5. 店員さんがレジの決済を完了すると、アプリ画面にも反映される。

文字にすると複雑に思えますが、金額を入力する以外、特に面倒なことはありませんでした。

 

いずれにしても、PayPayの履歴画面が家計簿代わりになり、ポイントの付与も分かりやすく便利です。

 

本当に大抵のお店では使える印象で、その手軽さに馴染むのに時間はあまり必要ないようです。

 

まだ、PayPayを使ったことがない方、お勧めです!

 

【過去記事】

 

i-am-an-easy-going.hatenablog.com

i-am-an-easy-going.hatenablog.com

i-am-an-easy-going.hatenablog.com