迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。焦らず少しずつブログらしくしていきたいです。

贅沢な一日

昨日は、セミナーの後、受講生に捕まってしまい、立ちっぱなしで1時間過ごしました。 最終勤務日でもあったので、スーツにパンプス。 家に着くと、足裏にはマメができていて、 パンパンに張った足が、本当に棒のようです。 お裾分けで、長老社員の方がくださ…

明日は最終出勤日。

「今日で辞めろ。何の役にも立たない奴は、うちにはいらない。退職届だけはきちんと出せよ」 今月末での退職の話が、なんだか妙なところで、社長を怒らせ、恫喝される羽目になりました。 それでも、社員が、私が辞めると困ると直談判したことで、なんとか首…

母の敬老の日

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 深紅の薔薇が7本、カスミソウ、オンシジュウム、カーネーション、スターチェリー すっかり忘れていましたが、今日は敬老の日でした。 姪から花束が届いて気づいたのです。 母は「まあ、敬老の日なんてすっかり忘れ…

九月二十日

あまりにも突然に気温が下がって 長袖のトレーナーでも 窓から入ってくる涼風に ぶるっと震えたりするので いつの間にか 眠ってしまっているうちに 季節が変わったのではないかしらと 不安になる 私だけが取り残されて 季節のない場所に もう 居る場所が ど…

お彼岸のお墓参り

本当は昨日の予定だった父の墓参りが、雨のため延期になり、土曜日の今日一緒に行きましょう、と妹から連絡があった。 先月8月、暑い盛りにお参りに行ったので、お彼岸はもういいかな、と思っていたのですが、爽やかな秋晴れの今日、父のお参りができること…

それでも、私は今日も出勤する

実質的な「クビ」の状況にありましたが、昨日、私は出勤しました。 理由は、残務があるからで、それをきちんと終わらせておきたかったからです。 出勤すると、社員二人がそれぞれ私を気遣ってくれます。 社長から私含む全社員4人に向けて送信されていたメー…

昨日、会社をクビになりました

でも、今日も私は、憂鬱なままバス停に立っています。 詳細は、気が向いたら書くかもしれません。 出勤することについては、昨日、きちんとメールで伝えました。 信号待ちで、持っていたジャスミンティーのペットボトルを開け、一口飲む。 舌に触れた途端、…

【本の紹介】『痺(しび)れる』by 沼田まほかる

『痺れ(しび)れる』は、2010年4月に光文社から発行された沼田まほかるさんの短編集です。 9編の作品が収められていますが、どの作品も、主人公は女性。 荒唐無稽な話に感じるか、身につまされるか・・・もちろん感じ方はそれぞれです。 収録作品 林檎曼陀羅 …

今朝はホットコーヒー

朝6時前、正確には、5時37分。 まだ、薄暗い。 窓を開けると、ヒヤッと冷たい風がなだれ込む。 寒い。 パイル地のノースリーブのワンピースでは、ブルッと震えが来る。 軽くうがいをして、お湯が飲みたいと思うけれど、沸かすのが面倒なので、仕方なく昨夜の…

【母と暮らせば】無敵のドアチェーン

※写真は、いつもながら【写真AC】を利用させていただいています。 無料写真素材はこちらからダウンロードできます>>無料写真素材なら【写真AC】 我が家は古い家なので、ドアチェーンは、まさに「チェーン(上写真)」鎖型の仕様です。 なんだか最近、ご機…

女ともだち

彼女とは、アルバイト先で知り合いました。 勤務していたころはシフトも重ならず、彼女の放つ非常に強い「わたしはわたし」という独特な雰囲気が、私に距離を置かせていました。 それが、アルバイトを辞めて、次の就職先に勤めていたころ、帰りに寄ったスー…

【朝活始めました!】ラジオ体操のススメ

子どもの頃から、ラジオ体操の歌が好きでした。 「新しい朝がきた/希望の朝だ」 もう、これだけで、気分は一新されます。 「喜びに胸を広げ/大空仰げ」 …だったと思うのですが、なんだか中学入学直前の12歳の終わり頃を思い出します。 目の前には希望と夢…

季節の中で秋が一番突拍子もなく訪れる けれどそれは 私を置き去りにするのではなく 私を安堵させるのだ 澄んだ空 冷えて行く空気 天は徐々に高くなる そして私は 大きく呼吸をするのだ //

【戦わない!】睡魔がおそってきたら寝るのみ!

もちろん、夜の話ですよ ( 一一) 決して、学校や会社での話ではありません ( `ー´)ノ 最近は、少しブログの更新が続いています。 何かを継続するということ、継続できるということは、自分では気づかないところで自信につながっているようで、ぱっとしない…

【本の紹介】『猫鳴り』by沼田まほかる

私は猫を飼ったことがありません。 正確に言うと、飼ったことがあるのは、カブトムシ、クワガタムシ、夜店の金魚、夜店のひよこ。 全部、小学生の頃。 団地に住んでいた頃のことです。 この小説には、猫が出てきます。 他に、一組の夫婦と一組の父子、そして…

【チープに行こう!(アクセサリー編)】イヤーカフとペンダント

左からイヤーカフ、クロスペンダント、音符ペンダント 本当に写真が下手で恥ずかしいです(^-^; 日曜日、美容院の後、友人とランチの約束をしていました。 予定より早くに美容院が終わり、友人に連絡をしたのですが、早くに出かけるのは難しいとの返事。 1時…

【コロナ対策】withマスクで失敗しない髪型

自分の体温ほどもある気温。 9月も2週目に入りましたが、まだまだ秋は遠い感じの日曜日、1か月ぶりの美容院へ行ってきました。 生え際の白髪が気になってはいましたが、今まで便利に使っていたカラースプレーが、今年は厳しい。 一人暮らしをしていたころは…

境界線を踏む

今日、歓迎会でした。私の。 夕方6時。 定時後から、お弁当を取って、軽くビールで、という。 お気遣いなく、と言ってはみたものの、現在、インターンシップの学生も迎え入れているので、彼らの歓迎会も兼ねているから、業務命令だと。 インターンシップの学…

【今週のお題】「読書感想文」にまつわるあれこれ

今週のお題「読書感想文」 子供の頃は、夏休みや冬休みの宿題で、「読書感想文」と「図画工作」とくに「絵」が最後まで残り、提出の前日にやっつけていたものです (^-^; 大人になると「本は読まない」と公言する人も増えてきて、趣味は読書と答えると肩身の…

【知らなきゃ大変?】コロナウイルスで変わった通勤マナーと駅事情

初出勤から出張なんて・・・。 県境はまたがないものの、採用日前に渡されていた膨大な資料を持って、複雑な思いの中、コロナ騒動が始まって以来初めて、JRに乗ったのです。 例年であれば、新学期初日。 今年は、1~2週間くらい早くに2学期が始まったそうですが…

【Amazonプライムビデオ】ドラマ『贖罪』(小泉今日子)

怖い作品でした。 『贖罪』 湊かなえさんの小説が原作のドラマです。 2012年にWOWOWで5回にわたって放送された作品です。 主人公は小泉今日子さんが演じていますが、1話ごとに主演がいる、オムニバスのような形で物語は進んで行きます。 各回の主演は、蒼井…

夏休みのおわり

まさにイラストのような子供でした。新学期が始まる直前に頭を抱える・・・。 今年は、コロナウイルスのおかげで、何もかもが異例ずくめです。 夏休みもしかり。 春先の外出自粛要請のあおりを受けて、一部の学校では、酷暑の中、8月中旬から新学期が開始されて…

【本の紹介】『九月が永遠に続けば』by沼田まほかる

物語は、ある日ゴミを捨てに行ったまま失踪してしまった息子の行方を追う母親の錯綜した推理で話が進んで行く。 『九月が永遠に続けば』は、沼田まほかるさんのデビュー作です。 夫婦は他人。 けれど、親にとって子供は、自分(たち)の所有物だと、錯覚して…

夏バテという病

気持がすっきりしない。 やる気が全くでない。 異常に眠い。 もうすぐ、このダラダラ生活に別れを告げなければならないのに。 寝ても寝ても、眠い。 本を読んでいても、VODサービスで映画を観ていても、たまらなく眠い。 焦る。 友人からきたLINEさえ、返信…

【おすすめ商品】Amazonで名刺入れを買いました!

昨年、ハラスメント満載の会社を辞めた時、これでもう二度と名刺交換をするような仕事にはつかないだろうな、と思い、 早々に名刺入れを処分しました。 ひどい会社でした。。。 それまで使っていたのは、ヴィトンの黒のエピ。 買ってから10年以上愛用してい…

【本の紹介】生活を彩るトリシア・ギルドさんの本3選

トリシア・ギルドさんは、イギリスの女性インテリアデザイナーでありインテリアコーディネイターです。 生活は、食べて寝る、の繰り返しではもったいない。 私たちの生きているこの世界は、こんなにも色に溢れている。 高級な家具や調度品をあつらえなくても…

【本の紹介】晴れた日にはキッチンで

『晴れた日にはキッチンで』 著者は飛田和緒(ひだかずを)さん。 本書は、日記形式で綴られたレシピ集です。 初版が2005年2月なので、15年以上前の日記。日ごとの日記にタイトルが付いているのが読みやすい。 日記には、何月何日という日にちとその日のお天…

【本の紹介】『片づけの心理法則』byメンタリストDaiGo

片づけに関する本が好きです。 困ったもので、読んでいるうちに、現実の空間がサーッときれいになっていく気がする。 この爽快感と達成感がたまらないのです。 読み終えるとすぐに本の内容を実践したいと思うのですが、実際は、手つかずのまま終わってしまう…

【母と暮らせば】母、指を切る

お昼前のことでした。 「おねえちゃん(私のことです)」階下から母が呼びます。 再就職が決まり、詳細についてスマホに電話がかかってきたりするので、基本的に、母が私を階下から呼ぶことはありません。 再就職云々がなくても、のどの調子が芳しくなく、母…

秋の訪れ。ツクツクボウシと蜩と。

2年目突入の記事を公開したあと気づいたメール。嬉しいです。 日を追うごとに秋の訪れを感じます。 すごいですね。あまりの猛暑に、もう秋は消えてしまうのではないかしらと不安に思っていたのですけれど。 夕方、蜩の声が聞こえるようになってから、一週間…