迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。

【おすすめ映画】『彼女がその名を知らない鳥たち』と阿部サダヲ

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/836029"> フランク</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

もくじ

1. 少し長い前段【どうでもいい話】 

うだるような暑さは小さな我が家をすっぽりと包んでしまい、冷房をつけっぱなしにしても、壁に熱がこもったようで息苦しい。

追いつめられたような精神状態にこの暑さ。

すっきりと頭を切り替えるため、ここ数日、毎日、昔の映画やドラマを観ています。

 

一昨日観たのは、吉高由里子さん主演の『ユリゴコロ』でした。

【おすすめ映画】ユリゴコロと吉高由里子さん - 迷子の日記。行ったり来たり。

 

私はAmazon プライム・ビデオで観ています。

 

今日観たのは、蒼井優さん主演の『彼女がその名を知らない鳥たち』です。

 

2017年の秋に公開された作品で、原作は沼田まほかるさん。『ユリゴコロ』の原作者です。

 

何の目的もなくAmazon プライム・ビデオの画面を開いたので、過去の視聴履歴から「オススメ作品」として表示されたのですが、タイトルが印象的であったのと、蒼井優さんが好きだったのでそのまま観ることにしました。

 

沼田まほかるさんとは知らずに選んだのですが、彼女の作品は「ホラー・サスペンス」に分類されることがあるほど・・・怖い。

 

知っていたら、今の私の気分ではきっと選ばなかっただろうと思います。

 

2. 『彼女がその名を知らない鳥たち

中原中也の作品の中に『夏』という詩があります。

その中の一節に出てくる「血を吐くような 倦(もの)うさ、たゆけさ」という表現が、全体を覆っているような映画です。

 

原作者の沼田まほかるさんは、「イヤミス」の女王と呼ばれているらしい。

湊かなえ真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の女王とも呼ばれる。

沼田まほかる - Wikipedia

原作は、まだ読んでいないのですが、映画の終りは、確かに「イヤミス」とも言えますが、見方によっては救いがあります。

 

阿部サダヲさん演じる、主人公の恋人(と表現することにします)の無償の愛が報われる瞬間がラストシーンだからです。

 

彼は、痛々しいほどに優しく主人公に尽くします。常に別の男性を求め続けている主人公を愛し続ける。

 

その姿を阿部サダヲさんは、「いじましい(いじけた)」とか「哀れ」とか「みじめ」といった形容の手前で演じています。

 

この加減が、この映画を「イヤミス」に留めず、心打たれる作品にしているのでしょう。【Amazonプライムビデオ】彼女がその名を知らない鳥たち

 

近いうちに、原作を読んでみようと思いました。

 

Amazon プライム・ビデオなら、映画だけでなく懐かしいテレビ番組も見放題。「8時だョ!全員集合」で志村けんさんの懐かしい姿を見ることも、WOWOWで放送されたドラマを見ることもできます。

『8時だョ!全員集合』を見るならAmazon プライム・ビデオ

今年の夏は、家族そろって楽しむのも良さそうですね。

 

【関連記事】

U-NEXTなら、映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が約80,000本も。31日間無料トライアルで視聴可能です。