迷子の日記。行ったり来たり。

本当に本当に本人以外にはどうでもいいようなことをつらつらと書き連ねています。

【ブログ】顎関節症用マウスピースを使ってみた!

昨日から、顎関節症の治療として専用のマウスピースを使うことになりました。

>>本格的に顎関節症の治療を受けることになりました。 - 迷子の日記。行ったり来たり。

 

これが、そのマウスピースです。

 

f:id:I_am_an_easy_going:20210523215032p:plain

 

左側が顎関節治療用のマウスピースです。

こんなに大きさが違うのかと、写真に撮るとあらためて驚きます。

あ、ちなみに、写真撮影は未使用時です。

 

マウスピースに弾力はありません。

装着するにも外すにも、奥歯までしっかり覆う形で厚みもあるので慣れが必要です。

 

ただ、はめると、さほど窮屈ではありません。

無意識に奥歯をかみしめる癖があるらしいのを、治療用のマウスピースをはめて初めて実感できました。

 

ぐっと食いしばると、下の奥歯に直接触れないので、不思議な感覚ながらも下顎が心地いい。

 

しっかり装着されているので、外すには力がいるほどですが、いざはめてしまうと、薄いほうのマウスピースより違和感もありません。

※あくまでも個人的な感想です。

 

そのまま、一晩寝て起きた時に驚きました。

鏡を見ると、口元が歪んでいます。

 

けれど、口を開けるのはいつもより少し楽な気がします。

 

そういえば、顎関節症の症状が出始めたころ、鏡を見ると口元が歪んでいました。

 

そう考えると、少し矯正されたということかもしれません。

 

いえ、わずか1日の装着でそんなに変わるはずはきっとありません。

ただ、1か月後には少し変わっているかもしれないと思いました。

 

顎関節症は、放置すると口が開かなくなることがあるそうです。

顎がカクカク、コキコキ妙な音を立てているとか、耳下腺あたりに痛みを感じている方は、早めに専門医を受診なさることをおすすめします。